阿波和紙アニバーサリーギフトデザインコンテスト2018

 

優美さと強靱さを兼ね備える和紙は、私達の生活に根ざす日本の伝統文化を代表する素材のひとつでもあります。
この度の「阿波和紙アニバーサリーギフトデザインコンテスト」では、大切な人の記念日に本物の気持ちを伝えるための商品作りに向け、新しい完成を取り入れたく、広く公募いたします。
受賞作品は、実際に阿波和紙素材による具体化を行い、ブラッシュアップを経て商品化を目指すものとさせて頂きます。ほんものの気持ちを相応しい方へ、日本の伝統美とあわせて贈る場面に、是非私たちと一緒にご参画下さい。

■ 大切な方へのギフト、贈り物のデザインを募集します。

■ 未発表でオリジナルの作品(デザイン)であり、且つ製品化が可能なもの

■ 阿波和紙(アワガミ)が作品の全体、または一部に使用された作品であること

 ※複数応募可、サンプル現物は不要、参加費無料

オンラインストア

エントリーフォームにご記入の上送信してください。数分以内に自動返信メールをお届けいたしますので、プレゼンシート(商品のスケッチ及び使用されるアワガミ製品名や その他資材など、商品構造が分かる図/PDF横位置)を添付して返信してください 。

エントリーフォーム

2018年11月1日【木】〜12月25日【火】≪24:00まで≫

18歳以上 ※未成年者の場合は親権者の同意が必要
(企業、団体、個人やグループ、年齢、性別、職業、国籍は不問)

優秀者:2名 優秀作品は商品化を目指す前提とし、優秀者の方にはそのための検討会等への 参画をお願いさせて頂きますことをあらかじめご理解の程お願いいたします。
意匠開発費として、1名につき上限20万円をご用意致します。

三澤 遥 (デザイナー/日本デザインセンター 三澤デザイン研究室 室長)
貴舩 朋子 (株式会社伊東屋 商品戦略部 バイヤー)
藤森 洋一 (阿波手漉和紙商工業協同組合 理事長)

2019年1月15日
優秀者に通知するほか、HP にて発表いたします。
※2019年1月下旬、製品化に向けてのコンペティションの開催を予定いたします。(開催地:徳島県吉野川市山川町)

阿波和紙アニバーサリーギフトデザインコンテスト事務局
compe@awagami.jp

 

主 催:阿波手漉和紙商工業協同組合 後 援:伝統的工芸品産業振興協会、徳島新聞社、朝日新聞社、徳島県、吉野川市

 

阿波和紙

阿波和紙の起源は1300年前にさかのぼると云われています。戦後の伝統産業としての和紙の製造が衰退し廃業社が続く中、白い和紙を漉くだけでなく染色や加工を取り入れ、お客様の要望に柔軟に耳を傾けてきたことから、従来にはなかった設備や技術の幅も広がりました。現在では、手漉き和紙、機械抄き和紙、手染め和紙、和紙加工など多様な製品作りを可能とし、現代の生活空間に寄り添う和紙作りを目指しています。

手漉き和紙
流し漉き
染め